医療法人彦星会 かわもと眼科
〒747-0801 山口県防府市駅南町8-38
TEL:0835-28-8118
かわもと眼科英語ページへ
かわもと眼科のこだわり

待つことが出来ない小児の患者さん、体調の悪い患者さんなどを比較的優先して診察していますが、できるだけ受付順を守って診察をいたします。検査や、診療の内容によっては、順番が前後する場合もございますのでご了承ください。

ご不明な点など、受付にお問い合わせ下さい。

院内は全館禁煙となっております。
正面入口からお入りいただくとそこは診察前待合となっております。

 

午前8時40分くらいには開錠されますので、お早めにお越しの患者さんはしばらくお待ちください。

院内はすべてバリアフリーになっております。下足の履き替えもなく、車椅子でもそのままお入りできます。院内にも車椅子は常備してありますので必要な方はお申し出ください。

トイレは、身体障害者用トイレ、ベビーチェアも設置しております。
エレベーターも完備しておりますが、手術患者さん専用となっております。

 
 
院内施設のこだわり&院内機器・処方せん
受付前待合室

床暖房が完備されていますので、冬場でも比較的温かくお過ごし
いただけると思います。
受付の際、患者さんの取り違えのないように、カルテ番号のネーム
プレートを身につけていただくことにご協力下さい。
同姓同名の方も地域的に見ても多く、かなり驚かされます。
なお、番号でのお呼び出しは当院では行っておりません。

 
検査室

検査機器はほぼ全ての機器を取り揃えておりますので、十分な検査を
行うことができると思います。
視能訓練士が3名おり、斜視弱視トレーニングも充実しております。

 
診察室

診察台は2台あり、交互に使用しながら時間のロスを最小限にして、
できるだけ多くの患者さんを診察できるようにしています。足の悪い方は
待合室から近い診察台で診察するなど、工夫をしながら診察を行って
います。
硝子体手術などの説明用に、2番目の診察室には眼底カメラ映像や
OCT(光干渉断層計)画像を使用して十分な説明ができるようにしてい
ます。効率よく診察・検査・治療が行えるように配置しています。

 
処置室

看護師が常に待機し、患者さんへの説明や点眼を行います。
リクライニング式の手術台、手術顕微鏡もあり、検査・処置・簡単な手
術はここで行われます。

眼底カメラ

眼底の写真を撮影し、
網膜疾患を客観的に記録します。

 
OCT

光干渉断層計
光の干渉現象を応用し、非侵
襲的に短時間で網膜断層画
像を描出します。

 
WFA

ウエーブフロントアナライザー
眼の屈折や角膜曲率半径、瞳孔径の計測に加え、光を光線でなく
波面としてとらえる波面光学を応用して、波面収差解析を行います。

 

ジェネリック(後発)医薬品処方の推進

医療費削減のために、厚生労働省はジェネリック医薬品の使用促進を進めていますので当院でも積極的にジェネリック医薬品を使用しています。
先発医薬品のみをご希望の方は、受付でお申し出ください。
お申し出がなければ、院長の判断に一任とさせていただきます。

 

このページのトップへ